fx 必要証拠金

必要証拠金は取引を維持するために最低限必要な金額のこと

必要証拠金とだけ聞くと、
FX口座を維持するために必要なお金だと勘違いする人も少なくありません。

 

実際はそうではなく、取引に最低限必要なお金のことです。

 

FXではレバレッジがかけられるので、
100万円動かすにも最低4万円だけあれば運用できます。
動かす通貨の4%の金額が必要証拠金となります。

 

必要証拠金は最低限必要な金額のことなので、
最低限のお金しか預入していない場合、
取引していて為替が乱高下したときには含み損に耐えられる時間が短くなります。

 

預入している金額が大きいほうがマージンコールやロスカットされるまでの
時間が稼げるので焦らなくてすみます。

 

マージンコールを放置しておくとさらに状況が悪くなった場合、
強制的にロスカットされてしまい自分の意思とは関係なく取引が終了されてしまいます。

 

強制的に取引が中止されるロスカットが起きてしまったときは
損失を取り戻すチャンスを奪われた状態なのでかなりネガティヴな状況です。
取引をするときにロスカットだけは起こさないように気を付けて下さい。

 

必要証拠金について書きましたが、
口座維持のためのお金ではなく取引に必要な金額だということ、
必要最低限だけのお金しか入れないのはそれなりにリスクがあるということを
分かっていただけたら幸いです。

 

背伸びした条件で投資をすると危ない橋を渡ることになるので注意してください。

 

FXで少額からはじめることが出来るFX会社はどこ?のトップページに戻る